TOP

お見合いパーティーにはいろいろな方が出席されています。本来の目的とは違います・・

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには色々な方々が参加しています。婚活イベントにも関わらず、女友達とかコンパをする相手を見つけに来た人もいますし、まじめに、本来のイベントの意図に沿って交際相手や将来の結婚をする相手を探している人もたくさんいらっしゃいます。女友達や合コン相手を見つけに来た場合は、先の婚活につながる可能性もあります。しかしながら、参加者の中にはまじめに付き合う気持ちなど全くなくて、その日一晩だけの遊ぶ女性を求めている場合も残念ですがあるそうです。私がイベントで出会った男性の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と開口一番聞いてきた男性がいました。「は?」と問い返してしまいましたが、彼は「夏なので解放された気持ちになるから、僕と同じで、女の方もそういう気持ちで来ている方が必ずいるはずと思った」という話だったのです。当然断ったのですが、その男の人は最終的にはカップルになっていたから、参加されていた女の人の方にも本当にその男性が言ったような考えの人がいたんですね。このことは、非常に驚きました。

  • 結婚活動(婚活)をしていて結婚について理想や想いなどを再認識する人も多いでしょう。

  • 結婚活動(婚活)を通じて結婚について理想や想いなどを改めて認識する方も多いでしょう。また、結婚できるかどうかのカギとして結婚に対する意気込みがどれだけあるのか?と結婚紹介所の担当アドバイザーから質問を投げかけられたりします。そんなとき、男女どちらも、その時の想いとして、「幸せな家庭を持ちたい」とか、「これからの生涯、大切に思ってくれる相手と長い人生を歩いていきたい」などのように、答えるかもしれません。結婚生活を長い目で見た場合、一生、共に生活するのにどれだけ適しているのか、空気みたいな存在になれるかどうかと言われていますが、しかし、現実はそうとは限りません。めでたく結婚して結婚生活に大きな不満を感じている、その理由を尋ねてみたら、「旦那・嫁に対し関心がなくなったから」といったような旨の回答がもっとも多いのが現実なのです。

  • 婚活が目的のパーティーに参加した時、ある男性と出会いました。

  • 以前、婚活が目的のパーティーに参加して知り合った男性がいました。ですが、その男性は、仕事について嘘をついていました。自己紹介欄に、職業は医師で年収は1,000万超、と書いていたのですが、それは全くのでたらめでした。もちろん、その職業詐称ついて私も含め、知る人はいませんから、その婚活パーティー参加者のなかの結婚する相手の収入に関心がある女性からは、すごく注目されていて人気がありました。運良く(その時点ではまだ事実を知りません)私がその男性とカップルになることができ喜んでいたのですが、いつも仕事の話題になると、なんだか相手の歯切れの悪さが目立ちました。少しずつ、私も怪しいと感じ始め、「知り合いが同じ病院にいるけども、あなたの事知らないって言ってたよ?」と訊いてみると、医師というのは偽りで実際はフリーターであると観念し、白状しました。当然ですが、はじめから嘘をつく相手とは一緒になれないので別れました。

  • 私が結構長く婚活をしていてハッキリ理解できた事があります。それが何かというと・・

  • 結構長い間、婚活をやっていて痛感している事があります。それは、看護師さん・保育士さんは男性から人気が高いですが、それ以外の医療関係者、介護職員のような業種はなぜかモテない、ということです。派手な感じの女性はどういうわけか避けられやすく、地味で暗い女のほうが有利。地味でおとなしそうな雰囲気を持った女性のほうが有利になる。極めつけは、整った美人より、ものすごいブスより、いい感じのブスな人に人気が集中する、ということです。結婚活動目的のパーティーに限らず合コンのような場でも、そういったカップルがよくいます。この人、暗いなぁ地味だなぁと思っていても、「職業は看護師をしています」と言うだけで、異性からの視線を総取りできるのですから、面白いと感じます。男性はどうしてそういう気持ちの変化が出てくるのでしょう?以前合コンに行ったとき、私が狙っていた男性を遅刻してきた看護師にその男性を取られてしまいました。ほんとに悔しいです。

  • 今まで結婚活動ときくと、若いものだけだという風にイメージしている人も多いですが、…

  • 結婚活動は若い男女を対象としているもの、なんて思われる人が多いのですが、現実はかなり違います。最近では、「シニア層」を対象とした結婚活動サイトが増えているのです。男性だと50歳から、それに対して女性なら45歳以上、が入会できるのです。これまで、結婚をしてこなかった独身さんももちろん、利用ができますし、気持ちを入れ替え、新たな人生を良いパートナーと、共に過ごしたい、という方も利用できるこれまでの結婚歴に関係なく、入会できるサービスとなります。このようなシニア対象の婚活サイトは、入会時に、それ相応の審査が必要となりますが、それだけ厳しい条件が加わっているサイトほど、安全性も担保されるので、真面目にパートナーが欲しい人は、選択肢に入れてみてください。

  • 何回か参加したことがある婚活を目的とするパーティーで…

  • 数回参加したことがある婚活を目的にしたパーティーで、中学生の時の知り合い(男性)に遭遇したことが少し前にありました。私が婚活していることは、友人にもバレるのが嫌で、内緒にして進めていたのにも関わらず、婚活イベント会場で、どこかで見た顔が・・・。このタイミングで学生の時の同級生と再会するなんて!イベントが始まってすぐは、はっきりと誰、とはわからなかったのですが、会話する機会があったときに、名前に目を向けて、そこでやっと思い出したのです。そのことを相手も気付いていて、とても気まずそうでした。ですが、内緒にしてきた婚活しているのを知られてしまい、私はそれ以上に相当に恥ずかしかったです。

  • 本気で結婚するつもりで、婚活に取り組んでいるとしたら…

  • 本気で結婚するつもりで、結婚活動(婚活)に本腰を入れているとしたら、自身の性格について理解する必要があると思います。愚痴が多いとか自分勝手、といった性格に問題があるといったことでではありません。自分の「気持ちの強さ」についてです。自身の「精神的な強さ」に関しては、見直しておいた方が良いです。自分も、そういう意味での性格に少し問題があると感じていて、どのようにして改善していくべきか悩んでいました。自分に問題があると自覚できたのは、婚活中に相手から断られることが何回もあったからです。とにかく、性格を改めるためには、自身を信じてあげることです。自分を信じることは、精神的な強さや自信にもつながるからです。自分に自信がなく、弱気なままでいると相手にもマイナスの雰囲気が伝達し、一緒に過ごす価値のない人として距離を置かれるおそれがあります。私は、そういった気持の弱さを出してしまったので、避けられてばかりでした。そこで、自分自身に自信を持てるようにしようと考えました。ただ、自信を持つだけでは結果は変わらないので、「自分磨き」をしつつ、気持ちを強くしていきましょう。そのうえで、自身で胸を張りながら行動することが大切です。

  • 婚活(結婚活動)パーティーに顔を出しているうちに、気になる人とLINE交換をす・・

  • 婚活(結婚活動)目的で開催されるパーティーをやっていくうちに、気になる異性とLINE交換をする、といった状況に出くわすかもしれません。そうなったら、もったいぶらずにパーティーが終了したら、すぐにメッセージを送るべきです。もしかして、すぐにメッセージをするとなると、ガツガツしてるように見えて格好悪いと思っている?だけど、結婚活動でノロノロしていると、チャンスなんてすぐに去ってしまいます。時間を開けるほど、送るキッカケを見出しづらくなり、何も成果がないまま終わってしまうこともあります。あなたがLINEですぐに連絡を取ることで、「私はあなたに好意がありますよ」ということをアピールできます。「でも、私は普段は人見知りだし、」なんてためらう思う気持ちをグッとこらえ、婚活のチャンスを生かすべく、LINEで連絡してしまいましょう。

  • あなたが婚活を続ける中で、もし疲れを感じているときは、…

  • あなた自身が結婚活動にもし疲れてきているときは、一旦、休憩しましょう。真剣な気持ちで結婚活動に取り組んでいるものの、気の合うパートナーと出会えず、段々と嫌になってしまい、意気消沈してしまうということはよくあることなのです。そのようなときは、ゆっくり気持ちを休めてみましょう。向かい風が強く吹いている状況ならば、何をやっても良い成果は得られないでしょう。潮の流れは、時間とともに変化し、チャンスも見えてきます。その時まで婚活することから離れその時に、結婚活動を再スタートさせればいいのです。婚活の成功率を高めるためにも、気持ちのゆとりも必要です。ですので、焦らないことが重要です。

  • 婚活するのに、決まったルールはありません。

  • 婚活というのは、決まったルールというのはないです。だから、一人で行動しても問題はありません。とは言うものの、一人で動くとどうしても行動する範囲が狭くなりやすいので、当然ながら異性と出会うチャンスも少ないのがデメリットといえます。自分が婚活していることを赤の他人も含めて周りにバレたくないと思う気持ちがあるからこそ、そのような行動になってしまうのだとは思いますし、その気持ちもわからないではないです。しかし、理想に近い相手と出会う可能性を高めたいと願うのなら、「結婚仲介業者」に頼るのが有効です。また、たった一人で婚活するよりもはるかに出会いの場が多くなることは間違いありません。当然コストなどは必要となりますが、この先の未来を考えた場合、その点を踏まえて考えると、そんなに高額でもないといえるでしょう。

  • 婚活で出会った人との連絡を取るためのツールにLINEなどのSNSサービスを活用する・・

  • 結婚活動(婚活)でカップルになった相手との連絡を取り合うツールにLINEなどのSNSサービスを活用するのは控えるべきです。LINEは使えば、とても気軽で経済的であるという利点はあるものの、あまりにもフランクすぎてしまい、「結婚を前提とする真剣なお付き合い」というスタンスには不向きだからです。なので、メールなどの、メッセージ機能でのやりとりは、できるだけ少なめにしておき、あとは実際に話しをするのが一番です。そうすることでお互いを知りあうには絶対的に会話が有利だからです。会話でコミュニケーションをとることを主体にすることで、メッセージ上で生じる誤解を防ぎ、お互いの結婚に対する価値観を手短に確かめ合うことができますし、結婚までの時間をムダにしなくて済みます。つまり、本人を前にしたやりとりこそ結婚活動を成就させる場合に重要であり、メッセージでのコミュニケーションには注意です。

  • 「いつかは子供も欲しいし、結婚したいけれど、まだ婚活するのは時期尚早かもしれない・・

  • 「いつかは子供も欲しいし、結婚するつもりではいるけど、今結婚活動をはじめるのはちょっと早すぎる」なんて考えているのだとしたらその認識は間違っています。また、女性の場合は、婚期を逃さないためにも、20代前半から婚活を視野に入れておくべきです。どうしても20代の女性と30代以降では、需要がかなり違ってくるのです。当然ながら、20代の方が有利となり、理想と思える相手をゲットする可能性もとても高いのです。それに加えて、婚活は自身で想像している以上に期間が長くなることもあるのです。数年婚活をしても自分の理想とする相手に恵まれないというような人はとても多いのが現実です。なので、のちのちに後悔しないためにも、早期に対策を講じておくのが良いかもしれません。

  • 以前、インターネット上の婚活をするためのアプリを通じて知り合った男性から…

  • 以前、インターネット上の婚活目的のアプリをキッカケに出会った人から、なんとキッチン用品を売られそうになったことがありました。彼のプロフ画像がかっこよくて、職業は経営者と書かれ、高収入でまだ20代半ばでした。そんな男性が、どういうわけか私と仲良くなりたいとのことで、多少、不審に思いながらも、楽しみにしながら会ってみたら、なんとねずみ講の販売員として私にセールスしてきたのです。それに、怖いぐらい執拗で、断るのも一苦労でした。このような理由もあり、条件があまりにも揃いすぎる相手は、何かしらの思惑があるのでは、と疑うようになりました。

  • 私は、明るく、ポジティブなタイプですし意思をハッキリ伝えます。

  • 日常の私は、とても明るく、ポジティブなタイプですしハキハキした受け答えをします。結婚活動で開催されるイベントでは、慎ましいキュンとくるような女の子になりきってみたかったけど、結構難しいんです。なにより、普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと感じることもありました。ですが、隣町の結婚活動で行われるパーティーに参加した時は、なりきることができたんです。周りが知らない人ばかりという事もあり、勇気を出して、「聞き上手」なおとなしい女性になってみました。普段は、積極的に話をしているのですが、自己紹介からフリータイムまでわたしがはじめに話をするのを控え、相手の話をひたすら聞くだけ、という至ってシンプルな方法でいきました。普段のわたしと全く違う態度が男性からの人気を手にできてしまいました。

  • 婚活が目的で行われるパーティーなどに限ったことではな・・

  • 婚活が目的のパーティーだけに限らず、男性、女性に関わらず異性と出会ったときに大切なのは、笑顔であることは間違いありません。だけど、意識して笑顔を作ることは結構難しいもので苦手だという人もたくさんいるはずです。現に、自然とステキな笑顔を作れる人はそんなに多くはありません。婚活で「運命の人と出会ってやる!」と意気込むのはいいのですが、気持ちが全面に出すぎると、表情が緊張してしまい、相手から引かれてしまうかもしれません。ふと気が付けば、話す相手に巡り会えないのは、やはり問題があるからです。無理に笑顔を作らなくても良いのです。楽しいパーティーだなぁ、という、その場を楽しむ気持ちで異性とやりとりしていると、異性に引かれることなく、自然に相手から話しかけてくれるはずです。

  • 私が婚活パーティーで出会った男性で印象的な人は数人いらっしゃるのです…

  • 私が結婚活動でするパーティーで会った男性で印象にある方は数人いるのですが、服のセンスが最悪だなあという印象だったのはビーサンに短パン姿の男性でした。その会場は東京都内のオフィス街に近いスポットだったのですが、その男性はその街でも確実に浮いてしまうラフすぎる格好で来ていたことに仰天しました。さすがにもちろんスーツで決めてパーティーに来た方が良いとは申しませんが、その辺のコンビニに行くような服装であると、このような場ではやっぱり、どうしても目を奪われてしまいます。反対に女性側はわりときれいに着飾ってどちらかと言えば、ややフォーマルな感じで来る人も多いので、男の人の方があまりにもラフな格好すぎると、カップリング後二人並んで歩くのに、少し抵抗があると感じます。うるさくドレスコードが決められているわけではないのですが、社会人の常識として最低限のマナーは考えて格好を選ぶほうが宜しいでしょう。

  • 今の婚活市場において、年収300万ぐらいの男性に対しては・・

  • 現時点での婚活では、男性の年収が300万円程度の場合だと、経済面を考えると、資格持ちの女性や結婚後も正社員として働ける女性が有利になります。ですが、相手の年収が500万円前後の場合になると、パートレベルでも「私も家計を支えます」という完全には専業主婦を希望していない、気持ちを見せて相手からの信頼を勝ち取っておきましょう。そしてまた、相手の年収が700万円超えの場合なら、完全に専業主婦に専念し、きちんと子育てや家事に集中することをアピールすること。こういった対策をしていくと男性は将来に安心感を感じ、パートナーとして選ばれやすく、ムダなく楽に婚活をコントロールできるはずです。

  • まじめに婚活に打ち込んでいて、可能なかぎりすぐに結婚相手を見つけ結婚をした…

  • もし本気で婚活をしている最中で、すばやく結婚する相手を見つけて結婚したい!という風に願っているのなら、あなたと同様に本気で結婚したい相手を探しておかないとダメです。ご存知かどうかわかりませんが通常の結婚活動でやっているパーティーは、真剣な人以外にも、恋人を探しにしたレベルの人、婚活初心者の、という人など、実にいろんな人が、それぞれの思いを抱えて参加しています。まず、あなたと同じくらいに本気度の高い人を見つけたいなら、一人で来ている参加している人を参加者の中から見つけてコミュニケーションを図っていきましょう。なぜかというと、基本、ひとりで行動している人は、友人・知人と一緒に参加している人よりも、いくぶんか結婚に対する本気度が強いと言えるからです。

  • 大勢が参加するお見合いパーティーが苦手な方は、とりわけフリータイムが得意ではない人・・

  • 結婚活動をしていて大勢が参加するお見合いパーティーが苦手な方は、とりわけフリータイムが得意ではないという人が多いと思います。このフリータイムに誰一人からも話しかけられなかったら、いなくなってしまいたくなります。私の経験からそのような方におすすめなのは、個室のパーティーです。個室の婚活パーティーとはこのタイプだとフリータイムが省かれている場合が多く、もしもフリータイムがあったとしても、その場のスタッフがサポートをやってくれたり、話し相手が決まっていたりするので嫌な思いをしないで済むのです。それに、個室に関して良い点はそれだけではなく、他の出席者を見なくて済むから、美しい方を発見してすっかり自信が無くなって自爆しなくて済みますし、そのうえ、他の方の目線を気にせず一人の相手のみに集中できるのも、個室タイプの良いところです。ですからお見合いパーティーが不得意で一度も足を運んだことがない方は、まず個室の婚活パーティーを探して思い切って訪れてみることをぜひオススメします。

  • 前に、婚活目的で開催されるパーティーに参加した時、カップル成立とはならなかったもの・・

  • 過去の話ですが、婚活で開催されるイベントに行ったとき、その時は、カップルにはなりはしませんでしたが、連絡する仲になる男性がいました。日を改めて、外で会うことになったんです。食事を済ませた後、街を歩いたりと、一般的なデートをしました。夕方になって、もう帰ろうかなと思っていたら帰ろうかなと言う前に、相手の男にとつぜん僕と付き合って欲しい、と告白されました。でも、話をしてみて、私のタイプではないと思ったので、「すみません」と、丁重にお断りしました。思いもよらないことにその男性は取り乱してしまい、すんなり帰ることができず軟禁状態で何時間を空費することになりました。人格に問題を抱えている男性が結婚活動に参加することもある、とひとつ学べました。ですが、こういった体験は、嫌ですね。

  • 結婚についての情報が載っているゼクシィという結婚情報・・

  • 結婚についての情報が載っているゼクシィという結婚情報誌のテレビコマーシャルを見たこともある人は多いと思います。その有名な、ゼクシィのマッチングサービスであるゼクシィ縁結びは、入会後、なんと5人のうち4人、つまり、およそ8割が入会日から6ヶ月以内に理想に近い相手と出会っているという数字があるから、本気で婚活したい人に本当におすすめのサービスではないでしょうか。それに、婚活経験が浅い人にとってもゼクシィ縁結びは選択する価値があります。有名な「リクルート」が運営しているというところも強みです。専任のプロコーディネーターがいて、婚活の指導、軌道修正をしてくれますし、安心しながら良い状況を作り出せます。ですから、もし婚活サイトなどに興味があるけれどどの婚活サイトに入会したらよいか悩んでいる、という婚活初心者の場合、または婚活の流れを知りたいと思っているのならゼクシィ縁結びを利用してみてはいかがでしょう?気になるコストの方も、おすすめです。

  • 色々な婚活パーティーに参加してわかったのですが、婚活でやっているパーティーに参加する際は、…

  • 婚活でやっているイベントに何回も参加して気づいたことですが、婚活のためのイベントでは、露出の少ないファッションが良いようです。イベントに参加し始めた頃は、脚を強調した短めのスカートや、胸をよく見せる服、そして、背中の見える服などどこかしら肌が見える肌の露出が多めのファッションを着ていました。その方が男性へのアピールになる、と思ってやっていたのですが、「そんな考えは逆効果だからやめなよ」と仲の良い男友達に言われて正気に戻りました。彼氏を探すのであれば、露出の多い服は男性からモテますが、本気で結婚相手を選ぶ際、清楚風なファッションの子が好かれやすいので、露出の多めな格好はそれだけで対象外になりやすいのだそうです。その男友達のアドバイスを信じ、おとなしめの清楚風な衣装でイベントに出向いてみると、男性とのコミュニケーションが明らかによくなりました。